少年野球チーム 本牧サンダースBlog★ピンチはチャンス!あきらめないぞ!

本牧サンダースは、野球をこよなく愛し、野球を通して個々の力を高めていくことを目標に活動している少年野球チームです。

コラム▼ティーボールに打順のセオリーは通用するか?

コラム▼ティーボールに打順のセオリーは通用するか?

本牧サンダースの詳細は、サンダースオフィシャルホームページをご覧ください
ティーボールについては、本牧サンダースのサンダースオフィシャルホームページをご覧ください。

ティーボールは、ピッチャーがボールを投げるのではなくティースタンドの上にボールをおいて打つ野球です。
つまり、自分が最も飛ぶ位置にボールを置いて打つことができる「超攻撃型野球」とも言えます。

「超攻撃型野球」ということを前提において、注目したいのは「2番バッター」
通常の野球は2番バッターは、ランナーを進めるタイプの小技のきいた選手がイメージされます。

しかし、そこはティーボール!
2番バッターといえども、フルスイングしなければなりません。
つまり、ティーボールの2番バッターは、出塁した1番バッターを二塁に送るための送りバントがない。
狭いフィールドで行うティーボールではどこに飛んでも二塁でフォースアウトになる確率が高く、送りバントのようにうまく進塁させることはなかなかできません。

古田敦也著「優柔決断」に古田氏自身がプレイングマネージャの時代に、打線をどのように考えたのかが参考になります。
古田プレイングマネージャが取った打順はこう・・・

 1番 青木宣親
 2番 アダム・リグス
 3番 岩本明憲
 4番 アレックス・ラミレス

2番に長打の打てる・走れるアダム・リグス選手をおいたのです。
1番バッターが出塁しバントで送る、相手チームに取って確実にアウトカウントを計算できる2番バッターほど楽なものはなく、反対に1番バッターが出塁し、2番バッターが長打でもでるとたちまちノーアウトランナー2・3塁の大チャンスになるほうがどれだけいやなのか・・・と古田氏は語っています。
キャッチャー出身の古田氏が経験した結果が出ているように思います。

プロ野球の世界では正しいのかどうかはわかりませんが、この打順は送りバントのないティーボールでは理想的ではないかと考えます。
先頭バッターが出塁したあとさらに長打を打たれ、ノーアウトランナー2・3塁で、3番・4番なんて絶対絶命です。
先頭バッターが出塁したものの、2番バッターでセカンドでフォースアウト、1番俊足のランナーが入れ替わりワンアウト1塁で3番・4番とでは雲泥の差。
一番バッターはチームで確実にランナーに出れるバッターで、2番バッターはさらに追い打ちをかけるかのごとく、チャンスを最大にする

ティーボールでは何点も差があっても安心はなかなかできないもの。
こんな野球も一味あって、いいのではないかと


この戦略に「古田監督は緻密な野球をするものと思っていたが」の問いに、反対に「緻密ってなに?」と聞き返したそうです。
古田敦也著「優柔決断」には”緻密”についても、いろいろと書かれてますので、興味があれば一読してみてはいかがでしょうか

古田敦也 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

↓ランキング参加してます。クリックしてね。
↓今日のランキング順位はこちらから見れます。
GO!
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
[ 2011/09/23 12:02 ] ◆本牧サンダース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

本牧サンダース

Author:本牧サンダース
横浜市中区本牧近郊の少年野球チーム「本牧サンダース」のブログです!週2回ペースで更新します!是非、見にきてください!

最近の記事+コメント
Tree-Arcive
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2345位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
348位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
Since 2011.3.9